ハーフリンガルによる出っ歯・開咬 治療例

電話でのご予約、お問い合わせ
03-3549-0209

TOP  >  矯正歯科  >  ハーフリンガルによる出っ歯・開咬 治療例

矯正歯科(歯列矯正)
矯正歯科(歯列矯正)

ハーフリンガルによる出っ歯・開咬 治療例

患者様

20代女性
下あごを気にされて来院

矯正装置・治療期間

ハーフリンガル(2年6ヶ月)

治療計画

出っ歯治療のため、上の第一小臼歯を抜歯することで、前歯を後ろに引く。開校治療のためマイクロインプラントを使い、噛み合わせの改善を行う。

担当医より

通常なら手術も必要なケースであったが、患者様の要望により、矯正治療のみで行いました。マイクロインプラントも併用した治療により、出っ歯、開咬、噛み合わせが改善し、下あごのバランスも良くなり、患者様にも大変満足していただきました。

治療前
治療後

治療費用について