マイクロスコープした精密審美(セラミック)治療の銀座しらゆり歯科

電話でのご予約、お問い合わせ
03-3549-0209

TOP  >  審美歯科(オールセラミック)

審美歯科(オールセラミック)

審美歯科治療(オールセラミック)

【動画】歯の被せ物(クラウン)の種類

審美歯科治療とは

「審美歯科治療」と聞くと、「銀歯を白いものに換える」「ホワイトニング」「本物の歯のようなセラミックをかぶせる」といった外見の美しさをイメージされる方が多いのではないでしょうか。審美歯科治療とは、歯や歯茎などの生体の機能やかみ合わせなどを改善させ、それら機能を維持可能な範囲で外見の美しさを向上させるものです。

審美歯科治療は高額?保険診療と保険外診療(自費診療)

審美歯科と聞いて、高額であるというイメージを持たれる方も多いと思います。確かに保険の診療と比較しますと、患者様にご負担いただく金額は高額になります。しかしそれは、被せものの材質と診療にかける時間が違います。

金属を一切使用しないオールセラミック治療

金属の強度とセラミックの審美性を複合させた、いわゆるメタルボンドというものがあります。メタルボンドは何十年も前から使われていますが、長期の使用においては下記の様になります。

オールセラミック

良質な材料を使用し、マイクロスコープを使った丁寧な治療

オールセラミック

精密審美歯科治療

口の中にある金属が原因で、体中に湿疹ができるとか、顔がかぶれる、口のまわりがかぶれるなどのようなことがありますが、透明感のあるオールセラミックは金属アレルギーの方にも安心していただけるものです。そして歯肉が黒くなることはなく審美性にすぐれています。色や質感も最も天然歯に近く、今までのいかにもかぶせものといったセラミックとは全く違いがあります。

精密審美歯科治療

精密審美歯科治療

オールセラミック治療例紹介

短期間の全顎セラミック治療例

短期間の全顎セラミック治療例

奥歯のジルコニア(オールセラミック)治療例

奥歯のジルコニア(オールセラミック)治療例

前歯のオールセラミック治療例

前歯のオールセラミック治療例

差し歯のオールセラミック治療例

差し歯のオールセラミック治療例

矯正歯科と連携する審美歯科

当院の最大の特徴のひとつとして、一般歯科診療と矯正歯科診療で診療日を半分ずつに分けております。そのため、審美歯科治療を行う歯科医師の大半は矯正歯科治療にも従事しており、審美歯科治療のみでは対応が困難な方や、矯正歯科治療を受けていただいた方が良いと思われる方には、矯正歯科治療についての説明も行っております。

メンテナンスの重要性

拡大鏡を使用し、どれだけ時間や材料を費やして精密に診療を行っても、残念ながら本来の健全な歯に勝る人工物はありません。被せものと歯の境目は必ず存在し、場所によっては日頃の清掃が困難な部位もあります。きれいな被せものを装着しても周りの歯茎が腫れてしまっては美しさは半減してしまいます。そのため、当院では3ヶ月から6ヶ月に一度のペースでメンテナンスにご来院いただくようご案内しております。メンテナンスでは被せもの周辺の歯茎の状態を確認し、日常のブラッシングでは取り除くことのできない歯石などを除去していきます。また、むし歯を早期発見することで大きくなってしまう前に治療していくことができます。被せものの数の多い方や咬み合わせの強い方には、ナイトガード(睡眠時に使用するマウスピース)の使用を推奨しております。これにより歯の表面や被せもの、歯の根への限局的な力の集中を回避することができるため、より安定して被せものをお使いいただけるようになります。

治療費用について