虫歯や歯周病の対策となる予防歯科(歯のクリーニング治療)

電話でのご予約、お問い合わせ
03-6228-7826

TOP  >  予防歯科・虫歯治療  >  虫歯治療

予防歯科・虫歯治療

虫歯治療について

【動画】虫歯の治療。大きな虫歯は治療が大変!?

虫歯治療は早期の発見と治療が必要です

歯の代表的な病気はなんと言っても虫歯です。虫歯は初期段階では痛みがなく見た目にもわかりづらいため発見が遅くなりがちです。そのまま放置すると自然に治ることなく少しずつ進行していきますので、早期の発見と治療および予防処置がとても重要です。

虫歯の原因

虫歯は、感染症のひとつです。つまり、お口の中にいる細菌によって虫歯になるのです。お口の細菌は砂糖を栄養として増えていき、ネバネバとした物質(歯垢)を作り出します。そして、歯垢の中で砂糖を分解して作られる酸が歯を溶かしていき、虫歯になります。虫歯は、C0~C4までの5段階のレベルに分けられています。

通常、お口の中は中性(ph7)ですが、酸が発生することで酸性に変わります。 phが5.5以下になると歯が溶け始めますが、食後40分ほどで中性に戻ります。しかし、食間にダラダラとおやつを食べることで、お口の中はずっと酸性のままになり、歯が溶けて虫歯になってしまうのです。

虫歯の治療法

虫歯の治療は、まず虫歯の部分を機械で削ります。歯を削りながら、詰め物を詰めるための形を整えます。虫歯が神経にまで達すると治療は難しく、神経を取らなければなりません。さらに進行すると、歯を抜く以外に方法はありません。

詰め物と被せ物について

虫歯に対して、詰め物にするか被せ物にするかは虫歯の大きさによって変わります。被せる場合、歯を削る量が多くなってしまいますので、詰め物の方が良いです。

虫歯を放置すると・・・

虫歯の治療をせずに放置しておくと、隣の健康な歯や後から生えてくる歯に悪影響を与えます。

虫歯の神経を抜くのはなぜ?

歯の神経への感染が起こると、反応として炎症が起こります。何もしなくてもズキズキ痛いなど、不可逆性の炎症にまで至った場合、治療には神経を取らないといけません。

虫歯と歯並びの関係

ちゃんと毎日歯磨きをしているのに虫歯になってしまった…。こんな経験はないでしょうか?実は、歯並びは虫歯のなりやすさに大きく影響されます。通常、虫歯は歯と歯との境目からできます。歯並びが悪いと歯ブラシが届かず、また、歯の間に食べ物が挟まりやすくなります。そのため、その部分から虫歯になりやすいのです。歯並びを治す方法として「歯科矯正」があります。歯科矯正は歯並びが良くなることで、見た目がきれいになるだけでなく、虫歯や歯周病の予防にも大きな効果があります。

治療費用について