虫歯で神経を抜く理由とは

電話でのご予約、お問い合わせ
03-6228-7826

TOP  >  予防歯科・虫歯治療  >  虫歯で神経を抜く理由とは

予防歯科・虫歯治療

虫歯で神経を抜く理由とは

【動画】虫歯の神経を抜くのはなぜ?

虫歯で神経を抜くのはなぜでしょうか?

歯の構造

まず歯の構造を見てみましょう。歯は外側からエナメル質、象牙質、血管・神経という構造をしています。そして、虫歯は歯の外側から始まり、歯を溶かしながら内側へと進んで行きます。虫歯の進行とともに、細菌が歯の神経へと近づいていきます。つまり感染が進行していくわけです。この時、虫歯により弱くなった歯質が欠けてきたり、冷たいものがしみるなどといった症状がでてきます。
歯の神経への感染が起こると、反応として炎症が起こります。何もしなくてもズキズキ痛いなど、不可逆性の炎症にまで至った場合、治療には神経を抜かないといけません。

歯の神経への感染が起こると、反応として炎症が起こります

~神経を取った後の治療はどうなる?~

神経を抜き消毒した後、根の中を封鎖する薬をいれて根の治療は完了です。ただ、歯の治療としてはこれで終わりではありません。虫歯や虫歯の治療で弱くなったり、薄くなったりした歯質を補ったうえで、また元通りに咬めるようにする必要があります。

奥歯では歯が割れるリスクを考慮して、被せ物が推奨されます。
前歯では虫歯で欠けてしまったり、変色したりして審美性も大きく損なわれていることが多いですが、被せ物により回復させる事ができます。

被せ物にはいくつか選択肢があります。適合の良い被せものが再発予防には大切です。そして、審美的にも回復を行うということであれば、セラミックの被せ物は良い選択だといえるでしょう。

神経を抜き消毒した後、根の中を封鎖する薬をいれて根の治療は完了

被せ物にはいくつか選択肢があります

治療費用について