歯周病のメンテナンスの重要性について

電話でのご予約、お問い合わせ
03-3549-0209

TOP  >  歯周病治療  >  歯周病のメンテナンスの重要性について

歯周病治療

歯周病のメンテナンスの重要性について

歯周病治療が終了してもブラッシングが重要です

歯周病治療が終了すると、お口の中の環境が改善されたことが実感できると思います。治療後は改善された環境を維持していく必要がありますが、患者様自身による日頃のブラッシングが非常に重要になってきます。治療が終了したとはいえ、歯周病にかかる前と同様な健康な状態というわけではありませんので、治療中と同様にブラッシングをしっかりと行っていただかないと、歯周病が再発してしまう可能性があります。

しかしながら、日頃のブラッシングをしっかりと行っていただいても、磨き残しがあったり、歯石が着いてしまったりすることがあります。また、歯周ポケット測定などの検査を行うことで客観的に状態を評価することも必要です。そのため、患者様には治療終了後も3ヶ月から半年に1度のペースでメンテナンスに通っていただいてお口の状態をチェックし、歯科衛生士によるクリーニングを行っております。

歯周病のメンテナンスの重要性

歯周病が引き起こす病気

歯周病が引き起こす病気

歯周病を完治しないまま放置すると歯が抜け落ちるだけでなく、「肺炎」「認知症」「心筋梗塞」「糖尿病」「骨粗しょう症」「動脈硬化」などのリスクも高まります。
すでに、歯茎が腫れている、歯茎から出血している、歯茎が下がっている、口臭が気になる方は、早めにご相談ください。

治療費用について