無料相談予約

インビザライン(マウスピース矯正)の症例

左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療

治療概要

  • 患者様:20代女性
  • 治療期間:1年
  • 治療回数:10~30回
  • 矯正装置:インビザライン
  • 概算治療費:85万円
    ※費用は治療当時の料金となります
  • 担当医:河口智英

治療動機

下顎前歯のガタつきをなおしたいとのことで来院されました。

治療計画

左右の歯の本数が違い、噛み合わせの観点から下顎前歯を1本抜歯しインビザラインを使用した矯正治療を行うこととしました。

治療後について

抜歯での矯正治療でしたがインビザラインを使用した本症例でもきれいな歯並びにすることができました。

治療前
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療前画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療前画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療前画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療前画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療前画像
治療途中
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療途中画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療途中画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療途中画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療途中画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療途中画像
治療後
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療後画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療後画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療後画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療後画像
  • 左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療後画像

マウスピース矯正の注意事項(リスク・副作用など)

  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着(1日20時間以上)が必須です
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします
  • 薬機法対象外の矯正歯科装置のため医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります
  • 自費診療(保険適用外)となります

関連する他の症例

前歯のガタつきを改善したい 治療前
前歯のガタつきを改善したい
過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療前
過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する
出っ歯をインビザラインで改善 治療前
出っ歯をインビザラインで改善