歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療例(ビフォーアフター)

電話でのご予約、お問い合わせ
03-6228-7826

TOP  >  オールセラミック(審美治療)  >  歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療例(ビフォーアフター)

オールセラミック治療

歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療例(ビフォーアフター)

患者様情報

50代女性
【主訴:10年以上前に被せた差し歯(前歯)の根元が黒くなってきたことが気になり、やり直しを希望され来院】

治療期間

3ヶ月

概算治療費

約1,000,000円

担当医

渡邊幸太朗

治療計画

レントゲンからも分かるように、適合の良くない差し歯が装着されていました。
また、根の治療も不十分な歯もあった為、根管治療後、ファイバーコアを立て、オールセラミッククラウンを装着する計画にしました。

担当医より

金属を使用しないオールセラミッククラウンを装着したことで、他の歯とも馴染み、自然な見た目になりました。
歯周病等の歯茎の問題がなかったことで比較的早く治療が終わり、患者様には大変ご満足していただくことができました。

治療前
治療後
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療前
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療後
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療前
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療後
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療前
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療後
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療前
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療後
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療前
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療後
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療前
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療後
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療前
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療後
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療前
歯茎との境目が黒くなってきた差し歯のオールセラミック治療 治療後

セラミック治療(審美治療)について

審美歯科治療とは、美容歯科とは違い、歯や歯茎の機能や噛み合わせを改善させ、その機能性を保ちつつ外見の美しさも向上させます。

審美治療、セラミック治療のリスク(デメリット)

  • ・歯を削る
  • ・硬い素材は天然歯を傷つけてしまう場合がある
  • ・自費診療(保険適用外)

当院のオールセラミック治療の特徴

  • ・治療時に拡大鏡を使用することで、歯と被せ物の間の隙間を無くすなど、治療の精度を向上させています。また。精密治療により耐久性も向上します。
  • ・治療時間を長くすることで治療期間、通院回数を少なくする短期集中型治療を行っています。
  • ・被せ物周辺の歯茎の状態の確認、歯石除去など、より安定してより長期に被せ物をお使いいただけるようメンテナンスにも注力しております。

治療費用について

治療症例リスト

セラミック治療症例