前歯のブリッジ 治療例(ビフォーアフター)

電話でのご予約、お問い合わせ
03-6228-7826

TOP  >  オールセラミック(審美治療)  >  前歯のブリッジ 治療例(ビフォーアフター)

オールセラミック治療

前歯のブリッジ 治療例(ビフォーアフター)

患者様情報

30代男性

【主訴:他院で前歯の抜歯が必要と診断されたので、どのような処置方法があるのか知りたいとのことで来院されました。】

治療期間

6ヶ月

概算治療費

約400,000円

担当医

渡邊幸太朗

治療計画

レントゲンと歯周ポケット検査の結果から、左上1番の歯を残すことは難しいと判断しました。抜歯後の欠損部の治療方法として、
(1)両隣の歯を削るブリッジ治療
(2)人工歯根を入れるインプラント治療
の2つの治療法を説明させていただいたところ、患者様の希望によりブリッジ治療で行うことにしました。ただし、このまま抜歯すると、歯茎にくぼみができてしまうため、部分矯正で歯を引っ張り出してから抜歯をする計画にしました。

担当医より

抜歯をすると歯茎がくぼんでしまうことがあるため、そのくぼみの分だけ歯が長くなってしまいます。そのようなことにならないよう、部分矯正で歯を引っ張り上げた後に抜歯を行い、また骨補填材を填入することで骨吸収を防ぎました。治療後はブリッジと分からないほど自然でキレイな前歯になり、患者様にも大変満足がしていただきました。

治療前
治療後
前歯のブリッジ 治療前
前歯のブリッジ 治療後
前歯のブリッジ 治療前
前歯のブリッジ 治療後
前歯のブリッジ 治療前
前歯のブリッジ 治療後
前歯のブリッジ 治療前
前歯のブリッジ 治療後
前歯のブリッジ 治療前
前歯のブリッジ 治療後

ブリッジ治療について

歯が失われた部分(欠損部)の治療法の一つ。失われた歯の両隣の歯を土台にして、欠損部を覆うようにして被せ物をつけます。ただし、土台とする両隣の歯を削らなければならないというデメリットがあります。
また欠損部の治療法にはインプラント治療もあります。

ブリッジ治療のリスク(デメリット)

  • ・欠損部の両隣の歯を削る
  • ・歯がない部分のオーラルケアが難しい
  • ・歯や被せ物の一部に問題が起きた場合、ブリッジのかかっている箇所全体が再治療対象となる
  • ・自費診療(保険適用外)となります。

当院のブリッジ治療の特徴

  • ・治療時に拡大鏡を使用することで、歯と被せ物の隙間をなくして治療の精度を上げています。
  • ・治療時間を長く取ることで、通院回数を少なくする短期集中型治療を行っております。
  • ・被せ物周辺の歯茎の状態の確認、歯石除去など、より安定してより長期に被せ物をお使いいただけるようにメンテナンスにも注力しております。

治療費用について

治療症例リスト

セラミック治療症例