無料相談予約

インビザライン(マウスピース矯正)の症例

invisalign Case

【総合歯科治療】後続永久歯の欠損

治療概要

患者様
30代女性
治療期間
3年
治療回数
10~30回
概算治療費
100万円(インプラント費用は別途)
※費用は治療当時の料金となります
担当医
河口智英

治療動機

永久歯が中途半端に生えかけているとの主訴で来院されました。

治療計画

まずインビザラインで歯並びを改善し、その後インプラントにて咬合回復を行うこととしました。
捻転が強い部分のみワイヤーの部分矯正での治療をしています。

治療前
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療前画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療前画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療前画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療前画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療前画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療前画像
治療途中
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療途中画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療途中画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療途中画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療途中画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療途中画像
治療後
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療後画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療後画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療後画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療後画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療後画像
  • 【総合歯科治療】後続永久歯の欠損 治療後画像

治療後について

噛みしめることができるようになったと喜んでいただきました。

マウスピース矯正の注意事項(リスク・副作用など)

  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着(1日20時間以上)が必須です
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします
  • 薬機法対象外の矯正歯科装置のため医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります
  • 自費診療(保険適用外)となります

インプラント治療の注意事項(リスク・副作用など)

  • 外科手術のため、術後に痛みや腫れ、違和感を伴います
  • メンテナンスを怠ったり喫煙により、お口の中に大きな悪影響を及ぼすインプラント周囲炎等にかかる可能性があります
  • 糖尿病、肝硬変、心臓病等の場合、インプラント治療ができない可能性があります
  • 高血圧、貧血・不整脈等の場合、インプラント治療後に治癒不全を招く可能性があります
  • 自費診療(保険適用外治療)となります

ワイヤー矯正の注意事項(リスク・副作用など)

  • 治療中は違和感や痛みが起こることがあります
  • 症状により、抜歯が必要な場合があります
  • 治療中は歯磨きがしにくくなるため、虫歯や歯周病になりやすくなります
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします
  • 自費診療(保険適用外)となります

関連する他の症例

前歯のガタガタをなおしたい インビザラインでのマウスピース矯正治療 治療前
前歯のガタガタをなおしたい インビザラインでのマウスピース矯正治療
上顎前突(出っ歯)をインビザラインで矯正治療 治療前
上顎前突(出っ歯)をインビザラインで矯正治療
インビザラインでの抜歯矯正治療 治療前
インビザラインでの抜歯矯正治療