奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレーの治療例(ビフォーアフター)

電話でのご予約、お問い合わせ
03-6228-7826

TOP  >  オールセラミック(審美治療)  >  奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレーの治療例(ビフォーアフター)

オールセラミック治療

奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレーの治療例

患者様情報

50代男性
【主訴:奥歯が沁みるとのことで来院】

治療期間

3ヶ月

概算治療費

約450,000円

担当医

渡邊幸太朗

治療計画

レントゲンにより、右上の奥歯と銀歯が虫歯になっていたため、セラミックインレーとゴールドインレーで、また右下の奥歯(銀歯)も銀の被せ物がしっかりと収まっていない(ずれている)ため、セラミッククラウンにて審美治療をすることにしました。

担当医より

上の虫歯は「歯と歯の間」にできていたため、詰め物(インレー)で治療しました。外から見える部分にはオールセラミックのインレーを、力のかかる奥歯にはゴールドインレーで治療しています。

下の奥歯は、まず根管治療を行ってからセラミックの被せ物で治療しました。

一番下の掲載写真の青い丸印の通り、治療前と治療後では被せ物がちゃんと綺麗に収まっていることをご確認いただき、患者様にも大変喜んでいいただきました。

治療開始前写真では、金属が透けているために見えていた「歯と歯肉の間の黒い線」が、終了時の写真ではオールセラミックにしたことにより自然な仕上がりにすることができました。

治療前
治療後
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療前
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療後
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療前
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療後
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療前
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療後
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療前
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療後
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療前
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療後
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療前
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療後
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療前
奥歯のセラミッククラウンとゴールドインレー 治療後

セラミック治療(審美治療)について

審美歯科治療とは、美容歯科とは違い、歯や歯茎の機能や噛み合わせを改善させ、その機能性を保ちつつ外見の美しさも向上させます。

審美治療、セラミック治療のリスク(デメリット)

  • ・歯を削る
  • ・硬い素材は天然歯を傷つけてしまう場合がある
  • ・自費診療(保険適用外)

当院のオールセラミック治療の特徴

  • ・治療時に拡大鏡を使用することで、歯と被せ物の間の隙間を無くすなど、治療の精度を向上させています。また。精密治療により耐久性も向上します。
  • ・治療時間を長くすることで治療期間、通院回数を少なくする短期集中型治療を行っています。
  • ・被せ物周辺の歯茎の状態の確認、歯石除去など、より安定してより長期に被せ物をお使いいただけるようメンテナンスにも注力しております。

治療費用について

治療症例リスト

セラミック治療症例