無料相談予約

インビザライン(マウスピース矯正)の症例

invisalign Case

過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する

治療概要

患者様
20代女性
治療期間
1年6ヶ月
治療回数
10~30回
矯正装置
インビザライン
概算治療費
100万円
※費用は治療当時の料金となります
担当医
河口智英

治療動機

深い噛み合わせを改善したいとのことでご来院されました。

治療計画

検査をした結果、アンカースクリューを用いて遠心移動を行いながら前歯部の圧下を行うインビザラインを併用する治療をご提案しました。

治療前
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療前画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療前画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療前画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療前画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療前画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療前画像
治療途中
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療途中画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療途中画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療途中画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療途中画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療途中画像
治療後
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療後画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療後画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療後画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療後画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療後画像
  • 過蓋咬合(ディープバイト)をインビザラインで治療する 治療後画像

治療後について

適切な設計を行うことでディープバイトが改善され下顎の前歯が見えるようになり、患者様には喜んでいただけました。

マウスピース矯正の注意事項(リスク・副作用など)

  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着(1日20時間以上)が必須です
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします
  • 薬機法対象外の矯正歯科装置のため医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります
  • 自費診療(保険適用外)となります

関連する他の症例

左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療 治療前
左右で歯の本数が違う場合のマウスピース矯正治療
【非抜歯】凸凹な前歯をインビザラインで歯列矯正 治療前
【非抜歯】凸凹な前歯をインビザラインで歯列矯正
インビザラインでの抜歯矯正治療 治療前
インビザラインでの抜歯矯正治療