無料相談予約

ワイヤー矯正の症例

前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ

治療概要

  • 患者様:20代女性
  • 治療期間:2年
  • 治療回数:10~30回
  • 矯正装置:インビザライン、審美装置
  • 概算治療費:88万円
    ※費用は治療当時の料金となります
  • 担当医:河口智英

治療動機

前歯が内側にねじれている状態を改善したいとの主訴で来院されました。

治療計画

翼状捻転とは上顎前歯がまるで鳥の翼のように左右対称にねじれている状態をいいます。
本症例は正にその例です。
下顎にも叢生が見られたため上下の歯列をインビザラインにて整える計画を立てました。
ですが経過して確認した変化量から上顎のねじれが納得できる改善に至らないと判断しましたので途中からワイヤーを使用して矯正治療を行いました。

治療後について

治療終了にあたり特に気にされていた前歯のねじれによってガタついていた歯列が改善されてご満足いただけました。

治療前
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療前画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療前画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療前画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療前画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療前画像
治療途中
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療途中画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療途中画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療途中画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療途中画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療途中画像
治療後
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療後画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療後画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療後画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療後画像
  • 前歯の翼状捻転(ねじれ)をきれいな歯列へ 治療後画像

マウスピース矯正の苦手な動き

マウスピース矯正には得意な動きと苦手な動きがあります。
得意な動きは、歯列幅を広くしたり、歯を傾けたり、遠心移動をすることです。
苦手な動きは、歯を回転したり、上下方向に押し下げることなどです。

今回のケースのようにうまくなおらなかった場合はワイヤー矯正をご提案しています。

マウスピース矯正の注意事項(リスク・副作用など)

  • 口腔内・歯並びの状態によっては対応できない場合があります
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着(1日20時間以上)が必須です
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします
  • 薬機法対象外の矯正歯科装置のため医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります
  • 自費診療(保険適用外)となります

ワイヤー矯正の注意事項(リスク・副作用など)

  • 治療中は違和感や痛みが起こることがあります
  • 症状により、抜歯が必要な場合があります
  • 治療中は歯磨きがしにくくなるため、虫歯や歯周病になりやすくなります
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします
  • 自費診療(保険適用外)となります

関連する他の症例

上顎埋伏犬歯の牽引による歯列矯正 治療前
上顎埋伏犬歯の牽引による歯列矯正
出っ歯をインビザラインで改善 治療前
出っ歯をインビザラインで改善
前歯のガタつき(叢生)をきれいに整える 治療前
前歯のガタつき(叢生)をきれいに整える