上下の叢生のハーフリンガル矯正 治療例

電話でのご予約、お問い合わせ
03-6228-7826

TOP  >  矯正歯科  >  上下の叢生のハーフリンガル矯正 治療例

矯正歯科(歯列矯正)
矯正歯科(歯列矯正)

上下の叢生のハーフリンガル矯正 治療例

患者様

20代男性
【主訴:出っ歯と上下の歯の叢生(でこぼこ)を気にされて来院】

矯正装置・治療期間

ハーフリンガル・2年5ヶ月

概算治療費

約1,100,000円

担当医

渡邊幸太朗

矯正治療計画

スペースを確保するため、上下左右ともに4番の歯を抜歯することにしました。 また、目立たない矯正装置を希望されましたが、抜歯ケースではマウスピース型矯正装置よりもワイヤー矯正装置の方が安定した治療ができることから、裏側矯正をおすすめしたところ、ハーフリンガル(上の歯には裏側に、下の歯には表側に矯正装置を装着)を選ばれました。

当矯正治療について

患者様の骨格的に下顎の方が上顎よりも後退していたため、少し上の歯が内側に傾いて見えますが、しっかりと綺麗な歯並びに改善することができました。 2年以上治療していただきましたが、就職前に歯並び矯正が完了できたことにも安心されていました。

治療前
治療後

目立たない矯正について

歯列矯正の矯正装置は、歯の表側にシルバーのワイヤーやブラケットをつける装置だけでなく、ワイヤーやブラケットが白もしくは透明のものを使用した審美装置やほぼ透明のマウスピース型の矯正装置があり、歯の矯正治療をしていることを他の人に気づかれにくくなっています。

裏側矯正治療のデメリット(リスク)

  • 表側矯正装置やマウスピース型矯正装置に比べて治療費が高い
  • 表側矯正装置に比べて治療期間が長くなる傾向がある
  • 舌が装置にあたり、違和感がある

当院の裏側矯正治療の特徴

  • 豊富な治療実績(2000年開院)※1
  • 矯正医が多数在籍
  • 総合歯科治療のため、矯正以外も医師が連携して治療
  • 総額治療費を事前提示
  • インビザライン専門医院(銀座しらゆり矯正歯科)も併設

※1)グループ医院である六本木河野歯科クリニックが2000年に開院

治療費用について

治療症例リスト

ワイヤー矯正症例

インビザライン症例